体験談 漢方・自然食品薬・病院の薬を大量に飲んでいたのが必要なくなってきました

私は軽い肺炎をしてから、なぜか目の奥から首肩と背中の痛みがとれずにいました。それこそ整形外科、内科など病院めぐりや、漢方、東洋医学、インドからきたアーユルベダ師に脈診まで、すがるように通いましたが、体のさすような痛みはなおりませんでした。

それでも日常生活は仕事もやすむわけもいかず、大量の薬を飲み、休日は、倒れ込むようにずっと横になってすごしていました。そんな時、臼村先生に出会い、遠隔調整をお願いしました。

最初に驚いたのは、朝五時にすっきり目が覚めた事です。いつも目ざましが鳴って、しばらくして、はうように起きるのが、何年ぶりに、すっきり目が覚めたのだろうと思いました。遠隔調整からは、体力がついてくるのが日増しにわかるようになりました。漢方、自然食品薬、病院の薬を大量に飲んでいたのが、必要なくなってきました。

体力がつくと、ひとつずつ症状が改善されていき、今では、寝こむ事も一度もありません。ひとつ良くなると全ての循環が良くまわりだす感じです。体も軽く、暗く考えがちの心も、わくわくはずむ気持ちでいっぱいになるものです。

遠隔調整していただいてから、何故か、これは自分に必要なもの、これはいらないかな、とか、妙に確信がもてるようになりました。

体調不良、痛みの改善だけでなく、臼村先生には、体の循環だけでなく、考え方の、こりかたまりの循環も、改善していただいけたと感謝しています。この循環こそが物事の良い事を運んでくる基盤だとかんじています。

臼村先生に出会って改善できた体と心を大切にしようと、喜びと感謝をお伝えしたく、ペンをとりました。本当にありがとうございます。

(30代女性 東京都在住 職業:OL)

サイトマップ | RSS | ATOM

総合案内 | 代替医療エネルギー調整 | 美容エネルギー調整 | つぶつぶブログ | タンタン語録 | 癒されモール